ドッグ

大切な愛猫のために|肝臓病を予防する方法

的確なアドバイスが貰える

ウーマン

柴犬を専門としたブリーダーでは、様々な特徴を持つ柴犬の子犬が販売されています。柴犬と一口に言っても、毛色や顔の形など個別に特徴が異なるのです。例えば、毛色については黒毛と赤毛と白毛があります。また、それら全ての毛色が混ざった胡麻と呼ばれる柴犬もいます。顔の形については、新柴犬に分類される狸顔の柴犬と縄文柴に分類される狐顔の柴犬が存在します。柴犬のブリーダーは様々な特徴を持つ親犬を飼育しているため、特徴の異なる子犬を誕生させることができます。中には特定の毛色に特化していたり豆柴と呼ばれる体の小さな柴犬に特化しているブリーダーもいるため、自分の希望通りの子犬がいるかどうか事前に問い合わせをしておくことが大事です。ブリーダーから柴犬を購入する際には、外見や性別など希望する項目をできるだけ詳しく伝えるようにします。事前に親犬を見学しておくことで、成犬になった時の体の大きさや毛並みや毛色などを予測することができます。見た目だけでは推測できないのが子犬の性格ですが、誕生から最初の数週間をすぐそばで見守ってきたブリーダーであれば大体の性質を把握することができます。そのため、候補となる子犬が決まったらどのような性格を持つのかブリーダーに聞いておくことが大事です。また、実際に触れ合って相性を確認する作業も重要です。購入が決まったら、これまでに受けた予防接種の内容について説明を受けます。飼育に際して必要となるドッグフードやトイレ用品についてアドバイスをしてもらっておくと安心です。