ドッグ

大切な愛猫のために|肝臓病を予防する方法

ペットを供養する

お墓

ペットは家族

世の中、空前のペットブームと言われています。しかし、ペットを取り巻く環境は著しく変化しています。犬も猫も室内飼いが主流になり、庭のない家庭で飼育されることが多くなりました。そのため、ペットの供養の在り方も変化しています。一昔前は、ペットが亡くなると、庭の片隅に葬って供養したものです。しかし、現在はペットを葬る庭を持つ家庭は少数となりました。ペットの菩提を弔うためにお墓を用意する人も多いといいます。そして、最近問題になっているのが、ペット火葬についてです。ペットを専用の墓地に葬るには、火葬が不可欠です。そのニーズに応えるように、ペット火葬業者が次々と開業しました。しかし、火葬の料金を巡ってトラブルになる事例も増えてきました。そのような問題を受けて、ペット火葬業界は組合を作ることになりました。優良なペット火葬業者には、組合からのお墨付きを表示し、安心して利用してもらうのが目的です。利用者と業者との間でトラブルが生じた時は、組合が間に入って仲裁を行うシステムも作られました。今では、多くのペット火葬業者が組合に加入しています。組合の会員であるペット火葬業者を利用することで、苦情も少なくなっています。行政の側も、今後はペット火葬の会社を立ち上げる際に届け出を義務付ける方針を打ち出しています。自分のペットを火葬する際には、組合の会員であるかを確認することが重要です。組合員でない業者の場合は、事前に組合への一報が肝心です。